無料相談受付中
18日 9月 2021
【青色申告の対象の方必見!】おすすめのクラウド会計ソフト3選とは?
「毎年、確定申告での青色申告がとても面倒...」 「青色申告を簡単に済ませたい!」 「青色申告をするのに便利なクラウド会計ソフトとは?」 あなたはこんな願望やお悩みをお持ちではありませんか? 今回の記事ではそんなあなたの願望をかなえ、お悩みを解決するために、青色申告の方におすすめしたいクラウド会計ソフトについて税務担当がご紹介していきます。...
26日 8月 2021
【完全ガイド】青色申告ができるか判断する基準を徹底解説します!
今回の記事では青色申告ができる条件と青色申告ができない所得について、税務担当がわかりやすく解説していきたいと思います。 青色申告はできない場合もあるため、ぜひ今回の記事を参考にしてしっかりと条件を把握していきましょう。
17日 8月 2021
【個人事業主・フリーランス】青色申告と白色申告を税務担当が徹底比較します!
今回の記事では青色申告と白色申告の違いについて解説していきます。青色申告は手続きが少し複雑ですが、その分多くの恩恵を受けられるため白色申告より青色申告をおこなうほうが良いですね。
14日 7月 2021
【個人事業主・フリーランスの方】確定申告について現役税理士が教えます!
今回の記事ではそんな個人事業主やフリーランス向けに現役税理士が確定申告について詳しく解説していきます。 ぜひ個人事業主やフリーランスとして働き始めた方には参考になりますので、最後までご覧ください
04日 4月 2021
広西チワン族自治区大藤峡水利ターミナル開発有限公司は、「2020年3月31日にテスト運航をスタートして以来、大藤峡水利ターミナル閘門の操業は無事、満一年を迎え、往来する船舶の大型化を段階的に実現している。今のところ、累計1万8030隻の船舶が閘門を通過し、船舶積載容量は3300万トンを上回り、水上輸送によってもたらされる効率と利益は大幅にアップしている」と紹介した。
04日 4月 2021
重慶とブルュッセル(ベルギー)、バンガロール(インド)を結ぶ国際定期貨物便が28日に開通した。これで、重慶江北国際空港で開通している国際(地域)線は103路線となった。新華社が伝えた。 28日に開通した国際線2線は、四川航空が運航し、エアバスA330機が導入。片道航路の最大積載量は50トン以上だ。...
04日 4月 2021
中国国家エネルギー局の章建華(ジャン・ジエンホア)局長は30日、国務院新聞弁公室が開いた記者会見で「2020年末現在の全国の再生可能エネルギー総発電設備容量は9億3000万kWで、総設備容量に占める割合が42.4%に上った。開発・利用規模で世界一を維持した」と発表した。科技日報が伝えた。...
04日 4月 2021
最近、自分の外見のために喜んでお金を使う人がますます増えており、顔だけではなく、ボディーメイクをする人もいる。外見にお金をかけたい若者もますます増え、女性に限ることもなくなった。中国新聞網が伝えた。 現在、どのような美容医療メニューが人気か。どのような人が美容医療にお金を使いたいのか。美容医療の消費の動機は何だろうか。...
04日 4月 2021
世界的に自動車用半導体の不足が深刻化する中、日本の半導体大手・ルネサスエレクトロニクスの那珂工場(茨城県ひたちなか市)で起きた火災が波紋を広げている。同工場は生産を停止。事態を重視した日本政府は台湾の半導体メーカーに異例の「SOS」を出し、代替生産を要請した。...
04日 4月 2021
2020年11月、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が調印された。これは地域経済一体化が勝ち取った画期的な進展であり、日中の経済貿易協力にも新たなチャンスをもたらした。このほど、中国人民対外友好協会と(江蘇省)無錫市政府は日中企業協力座談会を共同開催し、日中企業の代表がRCEPを背景とした中国(無錫)と日本の経済貿易協力の新たな構想や措置について議論を行った。人民網が伝えた。 無錫は日本企業の対中投資で最も重要な拠点の1つで、これまでに1200社を超える企業が進出を果たしている。現時点で、日本の対無錫投資プロジェクトは1255件に上り、累計投資総額は171億3000万ドルに達する。同時に、日本は無錫にとって4番目の貿易パートナーであり、20年の無錫・日本間の輸出入額は103億7000万ドルに上った。 1980年代、日本で歌謡曲「無錫旅情」が大流行し、多くの日本人の記憶に無錫という都市の名前が刻まれた。中国日本商会の小原正達副会長は、「多くの日系企業が無錫に引き寄せられ根を下ろした理由は、単に良好なビジネス環境や発達した製造業があるからだけではなく、無錫は住みやすい都市であり日本企業に友好的な都市であるということがより大きい」と述べた。同商会の高部一郎理事は、「中国の発展ペースは賞賛に値するもので、優れた人材を含む社会的リソースが日系企業を引きつける重要な要因だ」との見方を示した。科特拉(無錫)自動車環境保護科技有限公司の岡崎忠明社長は、「当社の無錫における発展に十分な信頼感をもっている。2020年初めに一度、生産が停滞したものの、当社は同年に過去最高の業績を達成した」と述べた。 中国人民対外友好協会の林松添会長は、「中国と日本は地理的に近く、文化的に通じるものがあり、経済の相互補完性が強い。無錫と日本の協力の基礎はしっかりしており、人的・文化的なつながりも深く厚く、より多くの日系企業が無錫を選択し、中国に根を下ろすことを期待する。中国が質の高い発展と地域におけるRCEP自由貿易区の建設プロセスを推進する過程で協力を深化し、アジアの平和を守り、共同発展を促進するために共同で新たな寄与をすることを期待している」と述べた。 RCEPに調印したことで、日中韓の貿易商品の86%が最終的に関税を撤廃されることになる。在中国日本大使館の田中英治経済公使は、「日本政府の最新の試算によると、RCEPは多くの面で日本経済を振興することになり、RCEP加盟により日本の国内総生産(GDP)は2.7%増加するとしている」と述べた。無錫市の周常青副司長は、「無錫市は市内の企業が日本の先端の技術、設備、部品の輸入を拡大し、企業がいち早く金融産業、ヘルスケア産業、デジタル経済、知的財産権、越境ECなどでの協力を進め、RCEPの枠組みの下でのサービス貿易協力の新たなチャンスを開拓するよう奨励する」と述べた。 日本の集積回路、機械製造、自動車工業などの優良産業と無錫との発展方向は非常にかみ合っており、無錫はさらに無錫の企業がグリーンフィールド投資、合併買収(M&A)を通じて投資協力を展開するとともに、無錫の企業が日本企業と第三国で投資協力を展開し、より多くの分野で強者連合を進め、より高い次元で優位性による相互補完を行い、ウィンウィン・発展を遂げるよう支援するという。

さらに表示する