記帳代行サービスと経理代行サービスの違いとは?

経理に関する代行サービスには、2つの種類があります。"経理代行サービス "と "記帳代行サービス "ですが、この2つのサービスの違いをご存知でしょうか?この2つのサービスは名前が似ているため、違いが分かりにくいかもしれません。

現在では、さまざまな代行サービスがあり、経営者にとっては便利な時代になりました。

しかし、代行サービスを利用する際には、サービス内容を十分に理解することが必要です。契約後、「依頼したかった業務に対応してくれない」という事態は避けなければなりません。

今回は、「経理代行」と「記帳代行」のサービスの違いについて、わかりやすく解説していきます。経理業務のアウトソーシングを検討しているけれど、どのサービスを選べばいいのか悩んでいる方、必見ですよ。

 

記帳代行に依頼できること

1.会計ソフトへの入力作業

 

記帳代行サービスの中心は、会計ソフトへの入力作業です。

年度末に決算書を提出するためには、日々の取引を帳簿に記録しておく必要があります。記帳代行サービスでは、顧客企業から領収書や請求書、通帳のコピーなどの書類を受け取り、取引記録を会計ソフトに入力します。

日々の取引を正しい仕訳に割り振るために、簿記の知識が必要となります。また、取引件数が多ければ多いほど、必要な仕訳の数も増え、入力に時間がかかります。 

記帳代行サービスに依頼することで、この毎月の経理業務に費やす時間を大幅に短縮することができます。

また、記帳代行サービスの中には、現金で支払ったものをお客様自身で入力していただくことで、低価格でサービスを提供しているところもあります。 

 

2. 帳簿作成業務

 

記帳代行サービスには、帳簿の作成も含まれます。記帳代行サービスで作成する帳簿の代表的な例としては 、現金の動きを管理する現金出納帳、預金口座のお金の出入りを管理する預金出納帳、売掛金や買掛金がある企業では、売掛金残高や買掛金残高の一覧表、毎月の会計処理が正しいかどうかを確認するための試算表、すべての数値をまとめた総勘定元帳などがあります。

 

法律では、会社の決算は年に1回報告をすればよいとされていますが、多くの企業では月次決算を行っています。

これは、年1回の決算では経営数値の把握が難しく、月次決算にすることで、経理の誤りを早期に発見し、修正することができるからです。

記帳代行サービスを利用することで、月次決算を効率的に行うことができます。 

どのような記帳代行が含まれるかは、代行業者によって異なる場合があります。記帳代行サービスを利用する際は、依頼する前に必ずサービス内容を確認しましょう。

 

経理代行サービスにはどんな業務が依頼できる?

次に、経理代行サービスに依頼できる業務内容を紹介します。

 

1.記帳代行など、会計数値の管理

経理代行サービスには、会計ソフトへの入力や台帳の作成といった「記帳代行サービス」の内容が含まれます。

 

また、経理代行サービスでは、データの入力や台帳の作成だけでなく、細かな精査作業も依頼することができます。例えば、領収書や請求書と現金出納帳の照合や、支払いや入金が正しく行われているかどうかの確認などを依頼することができます。

 

その他、請求書の発行、ファイリング、会計関連書類の作成代行など、幅広い会計業務を依頼することができます。また、税理士が提供する経理代行サービスを利用すれば、決算書の作成から法人税の申告まで代行してもらうことも可能です。

 

2. 振込・支払の代行

送金や支払いは比較的簡単な作業ですが、忙しい日々の中でなかなか時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。仕入先への支払いだけでなく、従業員の給与振込も行わなければならないとなると、毎月の業務負担は大きくなります。

この手間のかかる振込・支払業務を、経理代行サービスに委託することができます。

 

経理代行サービスは、提出された請求書に基づいて支払いスケジュールを作成し、いつ、どこで、いくら支払うかを明確にしたものです。担当者は、このスケジュールに従って、期日までに振込を完了させます。

 

また、多くの経理代行サービスでは、インターネットバンキングを利用した振込・支払代行サービスを行っています。つまり、現金を扱うことなく、振込・入金代行サービスを依頼することができるのです。 

 

経理代行と記帳代行の違いとは?

この2つのサービスの違いは一体何なのでしょうか?

1.記帳代行サービスとは

一言でいうと経理代行サービスの一部です。経理代行サービスはその名の通り、経理業務全般を代行するサービスです。

記帳代行サービスと経理代行サービスのどちらを選択するかは、経理業務のどの部分をアウトソーシングする必要があるのかを見極める必要があります。

 

例えば、日々の入力作業によって本業に支障をきたしているのであれば、記帳代行サービスを利用することで改善することができます。また、毎月の請求書発行や支払い、給与計算などが負担になっているのであれば、経理代行サービスを利用するのがおすすめです。

アウトソーシングしたい業務を明確にし、自社に合ったサービスを選びましょう。

.

2.経理代行サービスと記帳代行サービスでは、費用にも違いがあります。

記帳代行サービスは、経理代行サービスに比べ、業務範囲が狭いため、費用が安くなります。一般的には、1ヶ月の仕訳数で料金が決まります。1ヶ月の仕訳数が100件までなら1万円前後、300件までなら3万円前後が相場です。

一方、経理代行サービスは記帳代行サービスも含めた幅広いパッケージなので、記帳代行だけを依頼するよりも費用がかかります。

サービス内容によって料金が異なるため一概には言えませんが、記帳代行、請求書発行、給与計算などを含む平均的なサービスでは、月額4万円から5万円程度です。

また、税理士が提供する経理代行サービスを利用する場合は、確定申告やコンサルティングも依頼することができますが、月額15万円前後となります。

 

記帳代行、経理代行ともに、パッケージに含まれないサービスを依頼する場合はオプション料金が発生する場合があるので、利用する際は料金体系をよく確認するようにしましょう。

 

電話番号:0120-033-962
お問い合わせ

※ご相談は無料です。  

 
アクセス
 
お問い合わせ
 
電話する