無料相談受付中

重慶、国際貨物便路線を2路線増設―中国

重慶とブルュッセル(ベルギー)、バンガロール(インド)を結ぶ国際定期貨物便が28日に開通した。これで、重慶江北国際空港で開通している国際(地域)線は103路線となった。新華社が伝えた。

28日に開通した国際線2線は、四川航空が運航し、エアバスA330機が導入。片道航路の最大積載量は50トン以上だ。

新型コロナウイルス感染拡大という逆風の中、重慶空港集団は、貨物便ネットワークを積極的かつ安定して開拓してきた。2020年、重慶江北国際空港で新たに開通した国際定期貨物便路線は4路線。その他、貨物便の増便、旅客便から貨物便への変更などで、合わせて貨物便1369便を運航した。年間貨物処理量は41万1000トンに到達し、世界的な流れに逆らうかのようにプラス成長を実現した。今年1-2月も、貨物便の増便、旅客便から貨物便への変更などで合わせて231便を運航し、貨物処理量は前年同期比51.7%増の7万5000トンに達した。