無料相談受付中

広西大藤峡水利ターミナルの水上輸送における効率と利益が大幅アップ―中国

広西チワン族自治区大藤峡水利ターミナル開発有限公司は、「2020年3月31日にテスト運航をスタートして以来、大藤峡水利ターミナル閘門の操業は無事、満一年を迎え、往来する船舶の大型化を段階的に実現している。今のところ、累計1万8030隻の船舶が閘門を通過し、船舶積載容量は3300万トンを上回り、水上輸送によってもたらされる効率と利益は大幅にアップしている」と紹介した。