広州の技術契約成約額、2000億元突破で全国2位に―中国

広州市科学技術局によると、科学技術部たいまつハイテク産業開発センターがこのほど2020年の全国技術契約取引データを発表した。広州市は2256億5300万元で、全国都市ランキングでは北京に次ぐ2位だった。北京は6316億1600万元で全国一をキープし、上海市は1815億2700万元で3位。科技日報が伝えた。

技術契約登録はテクノロジーイノベーションにおける重要な一環で、契約成約額の飛躍実現はテクノロジーイノベーションの質の高い発展と切り離すことができない。広州市は現在「1+1+4+4+N」戦略イノベーションプラットフォーム体系の構築に全力を注ぎ、各種質の高いイノベーション資源の効率的な集約を推進している。広州地区の20年の輸出技術契約成約額は前年比70.57%増の2089億900万元で、同時に技術契約成約額は82.30%増の1633億900万元で初めて深セン市を抜いた。

広州は中新広州知識城、南沙科学城を極点とし、「1区3城」を主要な場とし、市全体のテクノロジーイノベーションの鍵となるノードを結ぶテクノロジーイノベーションの軸を作り上げ、広州の革新的発展のエンジンを担う主要な脈絡を構築する。天河区、黄埔区、越秀区、海珠区、南沙区の技術契約成約額は20年、100億元を上回った。広州企業は技術市場の主体的な地位を維持し、企業主導の技術契約成約額は前年比72.06%増の2055億9300万元に上り、市全体の91.11%を占めた。

電話番号:0120-033-962
お問い合わせ

※ご相談は無料です。  

 
アクセス
 
お問い合わせ
 
電話する