無料相談受付中

世界最大口径の屈折式光学望遠鏡、ラサで建設へ―中国

チベット自治区科学技術庁が13日に明らかにしたところによると、中国科学院国家天文台が主導し、チベット自然科学博物館などの機関が共同で申請する「高標高地域科学研究及び科学普及二重機能1メートル級光学天体望遠鏡建設」プロジェクトがこのほど、正式に始動した。これは世界最大口径の屈折式光学望遠鏡がラサ市で建設されることを意味する。新華社が伝えた。

チベット自治区科学技術庁の王俊傑(ワン・ジュンジエ)副庁長によると、中国の科学者が独自に開発・建設する同望遠鏡は完成後、チベットの標高が高く、観測条件が良いという特徴により、変光星や連星などの差測光、地球近傍小惑星及び宇宙目標のモニタリングといった複数の科学研究・観測活動を展開できる。同時にチベットの科学普及教育に深く貢献する。

チベットは今後さらに初の自治区(省)級天文館を建設する。同望遠鏡はこの天文館の上部に設置され、チベットの科学普及資源をさらに豊富にする。チベット天文館は年内に着工され、完成後は世界で標高が最も高い天文館になる。