無料相談受付中

上海の10の地下鉄車両基地、屋根にソーラーパネルを設置―中国

上海市浦東新区の竜陽路地下鉄車両基地は、地下鉄2号線と7号線の毎日の「帰る家」だ。地下鉄を利用する多くの市民は、地下鉄の車庫の屋根に「発電所」が隠されていることを知らない。環球網が伝えた。

上海地鉄(地下鉄)集団によると、地下鉄基地の車庫の屋根にはソーラーパネルが一面に設置されており、その総面積は5万平方メートルで、サッカーコート5、6面分に相当する。280Wのモジュールが合計で1万3000個近く設置されており、地下鉄列車にグリーンでクリーンな電力を提供できる。統計によると、この太陽光発電所は2019年末に電力システムに接続し発電を開始した。年間の発電量で、8両編成の2号線列車1本が20万キロメートル走行でき、この距離は1560往復以上に相当する。

上海地下鉄は現在まで、川楊河、治北、金橋、竜陽路、三林などの10カ所の車両基地で太陽光発電を開始している。総発電設備容量は計約24MW、年平均発電量は約2300万kWh。今後はさらに多くの地下鉄車両基地で太陽光発電プロジェクトを建設し、上海がCO2排出量ピークアウトの目標を前倒しで達成できるようにサポートする。