無料相談受付中

春節後、各地で航空券価格が大幅な値下がり

春節(旧正月、今年は2月12日)が終わり、観光市場も例年通りオフシーズンに入った。ネットユーザーは、「現在の航空券1枚の料金は、映画のチケット2枚分とほぼ変わらない」と皮肉交じりにコメントしている。この先30日間の航空券料金の最低価格をネット上で検索すると、北京―南昌線の最低料金が正規運賃から93%引の100元(1元は約16.4円)、北京―三亜線では91%引の276元となっている。同日に列車を利用する場合、普通席の乗車代金は北京―南昌が173.5元、北京―三亜が436元と、航空券の方が鉄道普通席乗車券より数十元から百元以上安くなっている。このような状況は北京だけにとどまらず、上海・広州・深セン各地から銀川・瀋陽・南昌に向かう「春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)」とは逆方向に運航される路線の航空券料金は、8割から9割ほど安くなっている。業界関係者は、「航空券料金の大幅な値下がりは、航空各社が春運連休中に輸送力を強化したため、一部人気路線の逆方向に運航されるフライトに供給過剰現象が現れたことが原因とみられる。このほか、例年、観光のオフシーズンに入る春節後から3月までは、もともと航空券料金が低く設定されている」と指摘した。