無料相談受付中

石炭火力発電の設備容量、割合が初めて50%以下に―中国

中国電力企業連合会によると、2020年末現在の全国総発電設備容量は22億kW。うち総石炭火力発電は49.1%の割合を占める10億8000万kWで、初めて50%以下となった。人民日報が伝えた。

第13次五カ年計画期間中(2016−20年)の全国総発電設備容量の年平均増加率は7.6%だった。うち非化石エネルギーは13.1%で、全体に占める割合が10ポイント上昇した。石炭火力発電は3.7%で、15年末の59%から20年末の49.1%に低下。20年の電力網に接続した新規の風力発電設備容量、太陽光発電はそれぞれ7167万kW、4820万kWで、前者は過去最大規模となった。