無料相談受付中

科学的素養を持つ中国人、割合が10%以上に―中国メディア

中国科学技術協会の懐進鵬(ホワイ・ジンポン)常務副会長は8日、2020世界科学的素養促進大会で、「中国人の科学的素養水準はこの20年間で効果的に向上した。科学的素養を持つ国民の割合は今世紀初頭の2%弱から今や10%以上になった」と述べた。新華社が伝えた。

中国の科学技術革新の発展目標の一つは、2020年に科学的素養を持つ国民の割合を10%以上にすることだ。この目標の達成または超越は、革新型国家科学技術人的資源が普遍的に備える重要な特徴の一つだ。

中国科学技術協会の万鋼(ワン・ガン)会長は大会のあいさつで、「人の科学的素養の全面的な向上は、社会発展の保障条件になっている。また、イノベーションの土壌を多く作り、人材の成長とリスク・挑戦への対応を促進する社会の基礎でもある。人々の科学的素養の持続的な向上は戦略的意義を持つ偉大な事業だ。国際科学技術共同体は感染対策の団結において、各国が手を携え共に人々の科学的素養を高めることの、科学による感染対策能力の強化、危機・挑戦への対応に対する重要な意義をより深く認識している。われわれは協力と交流を掘り下げ、手を携え世界の人々の科学的素養の向上を促すべきだ」と述べた。

懐氏はまた「科学を信じ、科学に依存し、科学を理解することを提唱し、社会がかつてないほど団結している。これは中国の感染症の危機に対する重要な武器だ。われわれはまた実践においても、科学的素養の向上と科学普及を重要な活動とする。最も末端のコミュニティーや農村において、病院、学校、農業技術推進ステーションなどが共に社会のために努力し、貢献するよう提唱する」と述べた。