無料相談受付中

北京・天津・河北省地区からASEAN諸国への初の国際貨物列車出発

北京・天津・河北省から東南アジア諸国連合(ASEAN)に向かう国際複合一貫輸送貨物列車が12日、河北省保定市と雄安新区間に建設された「京津保(北京・天津・保定)国際スマート港」を出発しました。中国内陸地区とASEAN諸国間の貿易往来に、新たなルートが開かれました。

第一便は、「京津保国際スマート港」を出発した後、北京と広州を結ぶ京広鉄道、上海と昆明を結ぶ滬昆鉄道を走り、雲南自由貿易区の紅河エリアを経由して、ベトナムとの国境の町・河口から出国します。その後、ASEAN各国の荷受地に向かい、貨物を輸送します。走行距離は約5000キロメートルで、所要時間は約80時間と道路輸送より30時間近く短縮されます。この列車の運行開始によって、中国製品を迅速かつスムーズにASEAN諸国市場の末端に届けるために、有利な環境条件が整いました。