無料相談受付中

中国の11月の携帯電話市場、5G機種が68%占める2000万台に―中国メディア

中国情報通信研究院が10日に発表したデータによると、中国の携帯電話市場では11月に5G端末の出荷量が2103万6000台に上り、同期の出荷量全体の68.1%を占めた。中国新聞社が伝えた。

同データによると、11月に発売された5G新機種は16種類で、同期の新発売機種の53.3%を占めた。1-11月の中国市場の5G端末累計出荷量は1億4400万台で出荷量の51.4%を占め、5G新機種は累計199種類で新機種の47.7%を占めた。

5G端末の浸透率が上昇を続けた。今年1月の全出荷量のうち5G端末の占める割合は26.3%にとどまっていたが、6月は60%を超え、その後はずっと60%以上を維持している。

全体としていえるのは、携帯電話市場の縮小が続いていることだ。今年11月の国内市場出荷量は2958万4000台で、前年同期比15.1%減少した。1-11月は2億8100万台で同21.5%減少した。

中でも国産ブランドの出荷量の低下がより大きかった。11月は2268万台で同27.7%減少し、同期の出荷量の76.7%を占めた。1-11月は2億4900万台で同23.6%減少し、同期出荷量の88.5%を占めた。

出荷量のうち国産ブランドの割合が10月から低下し始め、10月は78%、11月は76.7%に低下した。一方、4-9月はずっと90%以上を保っていた。