無料相談受付中

中国最東端の極寒地における高速鉄道のレール敷設が全て完了―中国メディア

11月30日午前10時半、黒竜江省の牡丹江と佳木斯(ジャムス)の勃利県小五站鎮を結ぶ牡佳高速鉄道の第二、第六区間の最後のレールが敷設され、連結が完了した。これで、緯度が高く極寒地である中国最東端で建設されていた牡佳高速鉄道のレール敷設が全て完了したことになる。人民日報が伝えた。

 

 

牡佳高速鉄道は、中国国家第13次五カ年計画(2016‐20年)の重点鉄道プロジェクトで、全長371.6キロ。牡丹江市から、林口県、鶏西市、七台河市、樺南県、双鴨山市を通過して、佳木斯市に到達する。現時点で、黒竜江省内にある最も長い高速鉄道となる。設計速度は時速250キロで、牡丹江と佳木斯の所要時間が現在の約7時間から2時間以内にまで大幅に短縮される。これで沿線都市は全てハルビンの2時間、3時間経済圏に入ることになる。

 

牡佳高速鉄道が開通すれば、既に開通しているハルビンと牡丹江を結ぶ哈牡高速鉄道、ハルビンとジャムスを結ぶ哈佳鉄道と共に、黒竜江省東部の高速鉄道ループ線を構成。地域の高速鉄道骨幹ネットワークの整備が進み、地域の経済発展の加速を促進するほか、新時代における人々の快適な移動体験に対するニーズを満たし、新時代における中国東北地方の全面的、全方位的振興を促進するための有力な下支えを提供すると期待されている。