無料相談受付中

中国、10月の民用航空の旅客便利用者が前年同期比約9割まで回復―中国メディア

中国民用航空局は13日に開催した記者会見で、10月、中国民用航空の利用者が延べ5032万3000人達し、昨年同期比で88.3%まで回復したことを明らかにした。また、業界全体のフライト時間が93万9000時間と前年同期比で90.1%まで回復し、前月比では5.5%増となったという。人民日報が伝えた。

貨物輸送を見ると、貨物・郵便の輸送量が62万1000トンに達した。うち、貨物機の輸送量が急速な増加を続け、22万9000トンと前年同期比21.8%増だった。各フライトのコストパフォーマンスが継続的に向上している。運航状況を見ると、民用航空のフライトは合わせて44万1000便だった。1日平均1万4000便で、前月比1.5%増と、昨年同期比で86.6%まで回復した。うち、中国国内の旅客便のフライトが40万8000便と、前年同期比で8.1%増となった。全国の定時運航率は91.7%だった。