無料相談受付中

「ナイト成都」3.0時代に突入!―中国メディア

24時間眠らない街である四川省成都市には、どんな楽しみ方があるのだろう?13日午後に開催された「バラエティーに富むシーンのショー·活力ある成都の夜——2020成都ナイトタイムエコノミーモデルポイント発表会」で、成都のナイトタイムエコノミーモデルポイント100カ所が発表された。ナイトツアー景勝地、ナイト視聴劇苑、ナイト文鑑芸廊など、消費シーン10ジャンルをカバーし、寛窄巷子、ナイトツアー錦江、遠洋太古里など、人気観光スポットのほか、融創文旅城などのネット上で人気の観光スポットなどの名前が並び、「インターナショナル・スタイル、成都テイスト」のナイトタイムエコノミーのニュートレンドを巻き起こす。成都商報が伝えた。

成都市商務局の関連の担当者は、「ナイトタイムエコノミーのモデルポイントの発表を機に、当市は引き続き、ナイトタイムエコノミーを強化し、楽しい暮らしと消費の新たなシーン構築、ナイト消費の新たなホットポイント育成に力を入れ、国際消費センター都市の建設をさらにサポートする」としている。

実際には、美食、バーなどで構成される成都ナイトタイムエコノミー1.0スタイルから、アートや文化クリエイティブ、文化博物などの新興消費業態を盛り込んだ2.0スタイルに至るまで、成都ナイトタイムエコノミーはレベルアップを続けてきた。そして、今ではオンラインとオフラインが深く融合し、テクノロジーとファッションが織り交じりながら共存する全く新しい3.0時代に突入しており、多元化、差別化、特色化、品質化の新たなトレンドが続々と巻き起こっている。

ナイトタイムエコノミー3.0時代に突入した後、成都はどのようにその盛り上がりを持続させるのだろう?今年、成都は「新消費を牽引力として内需を押し上げるための行動ガイドライン(2020-22年)」を打ち出し、毎年、各種ブランドの地域初店舗を200軒以上呼び込み、特色あるミニショップを300軒以上設置し、ナイトタイムエコノミーモデルポイントを100カ所構築することを目標に掲げた。地域初店舗エコノミーやミニショップエコノミー、ナイトタイムエコノミーの繁栄、発展が消費の高度化に強力な原動力を提供している。

モデルポイント100カ所の牽引の下、成都ナイトタイムエコノミーのエコロジカルチェーンは最適化が進み、成都が国際消費センター都市を構築するうえで、新たな原動力となっている。