無料相談受付中

広東省の病院で院内感染リスク軽減に医療物資を配送するロボット導入

広東省の人民病院感染科病棟では29日、ロボットの「平平」と「安安」が導入された。

この2台のロボットは無人運転技術、地図や作業環境の自動識別読み取り能力、情報ライブラリの構築、ルートの自動選択、物資のポイントからポイントへの配送といった能力を備えており、主に薬品や病院食の配送、防護服や医療ゴミの回収といった作業を担うことで、医療スタッフと患者との院内感染のリスクを軽減する。また同病院では3台目のロボットを新型コロナウイルス感染による肺炎の予防・抑制部門に導入することを計画している。中国新聞網が伝えた。