無料相談受付中

中国、スマート動的落雷対策国際標準の制定権を取得

世界的な気候変動に伴い、落雷への災害対策が近年、ますます困難になっており、これは世界的な難題でもある。国網江蘇電力公司が23日に明らかにしたところによると、国家電力公司が主導し、国網江蘇電力と蘇州供電が独自開発を担当するスマート動的落雷対策科学技術の成果が、国際大電力システム会議(CIGRE)の39以上の加盟国の論証に合格するとともにプロジェクトが立ち上がり、正式に「動的落雷対策」国際標準の制定を担当することになった。今後は世界範囲における応用が推し進められる。中国が同分野の国際標準の制定を担当するのはこれが初めてで、応用試行中の電力網落雷対策技術が国際的な先進水準に達したことを意味する。科技日報が伝えた。

CIGREは電力システム3大国際標準組織の一つだ。その所管する国際大電力網作業グループ、報告書、技術的規範は、電力業界国際標準体系の重要な構成部分だ。