無料相談受付中

3D顔認証技術による初の改札口まもなく登場

易程電子と光鑑科技が共同開発した3D顔認証改札口の調整・測定が完了し、まもなく一般公開される。これは3D視覚を改札口に応用する初の試みであり、3D視覚の鉄道シーンにおける応用が次第に始まることを意味する。経済日報が伝えた。 

列車の改札口の多くが2D顔認証を採用している。3D顔認証技術は2Dよりも旅客の利便性を高める。アクティブライトを採用し、環境における光の変化が顔認証に与える影響を減らし、顔認証の精度をさらに高める。また写真や動画を見抜く力が強い。光鑑科技公司の朱力CEOは「これらの長所により3D顔認証はシーンへの適応性と安全性がさらに高く、旅客の通過時間をさらに短縮できる」と述べた。 

光鑑科技が新たに発表した改札口は、同社が独自開発した3D構造光モジュールと3D顔認証アルゴリズムを採用している。同ソリューションは初めて3D顔認証技術を導入。旅客の証明書・切符の検査、情報確認の効率を高め、通過にかかる時間を短縮することができる。