無料相談受付中

山東省のクリーンエネルギー発電量、今年は35%増を目指す

山東省エネルギー局への取材によると、山東省は今年、再生可能エネルギー、原子力、天然ガスを重点的に発展させることで、電力生産・消費の拡大分を主にグリーン電力で賄い、通年の新エネ・再生可能エネルギー発電量の35%増を目指していることが分かった。新華社が伝えた。 

同局の関係責任者によると、山東省は再生可能エネルギーの開発・利用において、洋上風力発電及び海洋牧場、波力エネルギー、潮力エネルギーの融合発展などの分野に焦点を絞り、150万kW前後の洋上風力発電融合発展テスト事業・モデルプロジェクトを始動する。黄河デルタ塩類アルカリ土壌発電拠点の計画と建設を推進し、分散型太陽光発電所の発展を規範化させる。農林バイオマス密集地域と都市周辺では、バイオマス・廃棄物発電装置を合理的に配置する。年末までに再生可能エネルギーの設備容量が全体に占める比率を22%に、発電量を10%にすることを目指す。

そして、原子力の利用において、山東省は第3世代原発技術の商業化を軸とし、沿岸部の原発の計画・建設を秩序正しく推進し、原子力総合利用のモデル事業・普及を推進する。海陽原発1期原子力熱供給プロジェクトを開始し、周辺の70万平方メートルの居住エリアのクリーンな熱供給を実現する。洋上原子力総合利用プラットフォームモデルプロジェクトの前期作業を推進し、プール型炉などの小型炉による熱供給の研究と論証を展開する。 

また、天然ガスの開発・利用において、山東省は沿岸部の液化天然ガス受入ステーションの計画と建設を加速する。石炭の代わりに天然ガスで暖房を行うことに積極的に協力し、着実に推進する。天然ガスを使用する自動車と船の発展、ガススタンドの建設を着実に実施する。大気汚染の伝送ルート都市及び新旧エネルギー転換中核都市を中心に、天然ガス分散型エネルギーを秩序正しく発展させる。