無料相談受付中

18年第4四半期のスマホ世界シェア、ファーウェイは予想に反しアップルに敗れる―米華字メディア

2019年3月3日、米華字メディアの多維新聞は、2018年第4四半期の世界スマートフォン市場の販売台数基準シェアで、中国のファーウェイは大方の予想に反して米アップルに敗れたと報じた。 

記事はまず、「韓国・亜洲日報が3日、グローバル市場調査機関カウンターポイントリサーチの報告書を引用して伝えたところによると、18年第4四半期の世界のスマートフォン出荷台数は約3億9000万台で、前年同期比約7%減少した。トップ10ブランドが市場全体の78%を占め、残りの22%を600以上のブランドが分け合った。販売台数基準シェアでは、韓国のサムスン電子が18%で首位の座を守った。特に南米と中東、アフリカ地域での販売台数が絶対的に優勢だった」と伝えた。 

そして「報道によると、意外だったのは、中国のファーウェイがシェア2位になるとみられていたが、アップルは新製品投入により販売台数を伸ばしシェア17%で2位となった。アップルの販売台数は前年同期比約15%減少したが、平均販売単価が789ドル(約8万8000円)と高く売上利益は16%伸びた。ファーウェイは18年第4四半期のシェアでアップルに敗れたが、今年はアップルを抜くと期待されている」と伝えた。