無料相談受付中

日本江蘇総商会が設立、日本とのビジネス協力加速を目指す

日本とのビジネス協力加速を目的とする「日本江蘇総商会(CCSJ)」の設立式典が先月28日、東京都港区の全聚徳・六本木店で開催された。 

【その他の写真】

式典には日本で活躍する江蘇省出身の企業家や日本の経済界関係者など約100人が出席。鄭宇(ジョン・ユー)理事の開会宣言の後、あいさつに立った仇福庚(チョウ・フーグン)会長は江蘇省にある日系企業は中国最多を誇ること、日本でビジネス展開する江蘇省出身者が多いことなどに言及した上で、「日本と江蘇のビジネス協力を全面的に加速させるため、商会を早急に設立する必要があった」と説明した。 

当日は中国大使館のジャン孔朝(ジャン・コンチャオ)総領事や日本吉林省総商会の庄旭(ジュアン・シュー)会長が祝辞を述べた他、訪問先の名古屋市から駆け付けた南通如皋市の程瑞琴(チョン・ルイチン)副市長が同市の創業投資環境などを紹介。江蘇省人民政府僑務弁公室、塩城市人民政府からの祝電が宋俊富(ソン・ジュンフー)江蘇省海外聯誼会副会長兼CCSJ副会長、李睿棟(リー・ルイドン)理事により読み上げられ、最後は日本中華総商会会長でCCSJの名誉会長を務める厳浩(イエン・ハオ)氏がCCSJの未来に対する期待を述べた。 

CCSJの王述設(ワン・シュウシャー)常務副会長はレコードチャイナの取材に対し、「江蘇省の企業家にぜひ参加していただきたい。中国と日本の経済のためにともに努力できれば」とコメント。CCSJはこの先、貿易やハイテクなどさまざまな分野で日本との交流、協力を深め、日本と中国の両市場をけん引する企業の登場を後押しする考えだ。