無料相談受付中

中国サーキュレーター2号M装置、年内完成へ

全国政協委員、中核集団核工業西南物理研究院の段旭如氏は3日、取材に対して、同研究院が年内建設を予定している中国新型トカマク装置「中国サーキュレーター2号M装置(HL-2M)」のプラズマパラメーターが準炉心水準まで大幅に上昇し、イオンの温度が摂氏1億度を超えることになると述べた。科技日報が伝えた。 

トカマク装置は制御可能な核融合を通じ、人類にほぼ無限なクリーンエネルギーをもたらすことを目的としており、「人造太陽」と呼ばれている。これを実現するには、▽イオンの温度が1億度以上▽限定的な空間内に長期的に拘束▽十分な高さの密度――という3つの条件を揃えなければならない。 

段氏は「人造太陽の中のプラズマは、主に電子とイオンからなっている。中国の既存のトカマク装置のプラズマ電子の温度は1億度に、イオンは5000万度に達している。熱核融合の融合反応に参加しエネルギーを生み出すのがイオンであるため、プラズマイオンの温度を1億度以上に上げる必要がある」と説明した。 

段氏によると、中国のトカマク装置のプラズマイオンの温度を5000万度から1億度に上げるためには、装置のパラメーターを高め、より多くのエネルギーを注入・吸収し、より先進的な運行モデルを実現しなければならない。 

HL-2M装置はこの能力を持つようなるだろう。大規模かつ高パラメーターで、より先進的な構造と制御方法を採用しており、より大きなコイルの電流に耐えられる。電流を中国の既存の装置の1兆アンペアから3兆アンペアに拡大する見通しだという。