無料相談受付中

中国の阿里原始重力波観測所、来冬に稼働開始

世界で標高が最も高い原始重力波観測所が2020年の冬に目を開き、原始重力波が宇宙マイクロ波背景放射の中に残した痕跡を探ることになる。全国政協委員、「阿里原始重力波観測計画」首席科学者の張新民氏は取材に対して、「観測所望遠鏡の各主要部品はすでに詳細な設計段階に入っており、一部は生産を開始している」と話した。科技日報が伝えた。 

同計画は2014年に提案され、2016年に中国科学院や国家自然科学基金委員会など機関の資金援助を受け正式に始動した。同観測所は西蔵(チベット)自治区の阿里地区にあり、標高は5250メートル。基礎の建設は2017年3月に始まり、昨年11月に竣工し検収に合格した。張氏は「観測所の観測シーズンは10月から翌年3月までで、2020年冬季に観測を開始できる見通しだ。原始重力波の探査は、宇宙早期の動力学的過程の研究に資する一方で、量子重力という基本的な物理問題に対する人々の理解を深めることにも資する」と話した。 

米国のレーザー干渉重力波天文台「LIGO」は2016年、二つのブラックホールが衝突し発生した重力波の探査に成功したと発表した。この成果は2017年にノーベル賞を受賞した。LIGO協力チームは先月、アメリカ国立科学財団などが探査機のアップグレードに3500万ドルを資金援助すると発表した。張氏は「中国は重力波の研究に対する援助を強化し、チャンスをつかみ、関連科学研究プロジェクトが期限通りに完了し成果を出せるようにするべきだ」と提案している。