無料相談受付中

噴火・障害物除去ドローンが重慶で使用開始

3年以上の研究開発と試験を経て、重慶市初の噴火・障害物除去ドローンが16日、国家電網重慶永川供電公司ドローンチームによって正式に使用開始された。このマルチロータードローンは燃料箱、給油ポンプ、自動点火装置を持つ噴火ポッド任務モジュールを搭載することで、高空電線の安全に影響を及ぼしうる漂流物の定点障害物除去作業を行える。同ドローン開発責任者である何涛氏によると、以前は高空障害物除去は主に人の手で行っており、安全を守るため停電させてから作業することが多かった。そのため彼らは実際の作業経験と高空電線そのものの特徴を結びつけ、この噴火・障害物除去ドローンを設計・製造した。新華網が伝えた。