無料相談受付中

浙江省の科学技術成果が最高1600万元で落札

2018浙江省秋季科技成果の競売が12日、浙江科技大市場で開始された。デジタル経済や生命科学、ハイテク製造、新材料、環境保護技術などの科学技術成果219件が競売にかけられた。216件が競り落とされ、落札額は計3億1400万元(1元は約16.48円)に達し、そのプレミアム率は27%だった。科技日報が伝えた。

「1600万元!」という競売人の声と共に落札を知らせる小槌を打つと、会場に拍手があがった。これは今回の秋季競売イベントにおける最高落札額で、浙江巨能環境有限公司が譲渡する「有機ケイ素化合物廃水ゼロ排出技術」が落札された。 

同社大気事業部責任者の黄麗娟氏によると、同技術は水質中の高塩素・ケイ素が蒸発し結晶する際に設備の腐食や詰まりを起こしやすい難題を解消するという。有機ケイ素化合物業界の発展の流れに順応し、企業の環境保護リスクを最低限に抑え、市場から注目された。 

浙江省科学技術庁成果所の厖保平副所長によると、今回の秋季競売にかけられた科学技術成果のうち、130件は大学が、87件は企業が、2件は個人によるものだという。