無料相談受付中

中国輸入博覧会に最もSFチックな製品「空飛ぶ車」が登場、3分で変身―中国メディア

11月5日、第1回中国国際輸入博覧会の幕が開いた。目玉展示品の一つの空飛ぶ車「エアロモービル」がついに神秘のベールを脱いだ。3分で「変身」が完了し、最高時速は自動車の時が160キロメートル、飛行機の時が360キロメートルに達する。 

【その他の写真】

東方国際(集団)有限公司の展示業務責任者の金丹艶(ジン・ダンイエン)さんは、「エアロモービルは3分で完全に飛行モードに形を変えることができる。個人の飛行機での移動を手の届くものにしたいというのが、エアロモービルの理念だ」と話す。 

会場でみたところ、エアロモービルは明るい黄色のラインが流線型を描き、SFムードにあふれている。両側のドアが上部に拡張して翼になり、収納されたトランクと後方部分がプロペラに動力を提供し、最終的に飛行機に姿を変える。 

報道によると、この空飛ぶ車は重さ1.4トン、スロバキアのエアロモービル社が開発したもので、約40件の特許技術が活用されている。 

空飛ぶ車「エアロモービル」は10月18日午前、スロバキアから10数時間空を飛んで上海浦東国際空港に到着した。アジアに来たのは今回が初めてという。