無料相談受付中

世界初の折りたたみスマホ、中国メーカーに先を越され韓国に激震走る―中国メディア

2018年11月5日、参考消息(電子版)によると、中国のスマートフォンメーカーが世界初の折りたためるスマートフォンを発表した。 

香港紙・経済日報によると、この世界初の端末「FlexPai(柔派)」を発表したのは、広東省深センに本社を置く柔宇科技(Royole)。自主開発した7.8インチの柔軟な画面を搭載し、曲げたり折りたたんだりしても表示や発色に影響はなく、折りたたむと4.3インチの画面として使える。テストでは20万回以上の折り曲げに耐えたという。 

AndroidベースのOSを搭載し、プロセッサ(SoC)にはSnapdragon 8シリーズを採用。5G通信やデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、指紋認証などに対応する。また、1600万画素と2000万画素のデュアルカメラを搭載し、1時間で80%の急速充電が可能だとされている。 

記事は「この端末の発表で、韓国のスマートフォン業界に激震が走った」と伝えた。韓国紙・朝鮮日報は、「折りたたんでも使える端末の開発はサムスン電子と中国の華為(ファーウェイ)がしのぎを削っていたが、新興メーカーに先を越されたのは完全に予想外だった」と報じた。 

ただ、この端末の影響力は限定的だとの見方もあると記事は指摘している。韓国のディスプレーメーカーの関係者は、パーツメーカーの柔宇科技は端末の生産経験がなく、十分な生産設備や流通ネットワークもないとし、「投資を集めるためのパフォーマンスのようなものだ」と話しているという。 

記事によると、柔宇科技は2012年に広東省深セン市と米シリコンバレー、香港で同時に設立された創業6年の新興企業だが、資金調達ラウンド・シリーズEで企業価値が50億ドル(約5670億円)と評価された。14年に厚さ0.01ミリのフルカラーの世界最薄で柔軟性のあるディスプレーを開発している。