映像誘導介入穿刺手術ロボット、中国が開発に成功

中国初の独自の知的財産権を持つ映像誘導介入穿刺手術ロボットがこのほど、解放軍総病院介入超音波科の梁萍教授のチームによって開発された。同ロボットは三次元可視化技術、ナビゲーション技術、AI技術などを集め、介入診療術の正確な測位と手術計画の正確な実行を実現。同ロボットはすでに介入超音波各種診断・治療の低侵襲操作に応用されており、介入手術の精度を高め、手術時間を短縮した。人民日報が伝えた。

電話番号:0120-033-962
お問い合わせ

※ご相談は無料です。  

 
アクセス
 
お問い合わせ
 
電話する