無料相談受付中

横断歩道が信号に、上海で新たなシステムが運用開始

「スマホを見ていたのだが、急に地面に赤信号が灯り、驚いてすぐにスマホをしまった」。江蘇省から来た徐さんはこのほど、出張で上海市を訪れた。会議が終わって夜になると、外灘を散策しようと南京東路に入った。時おりスマホを見ていたが、中山東一路の交差点で、横断歩道から注意を促された。人民日報が伝えた。 

南京東路と中山東一路のT字路には3本の横断歩道がある。夜間の人混みの中には、徐さんのようにスマホを見てうつむいている人が多い。しかし彼らはこの横断歩道を渡り、いつものように下を向くと、横断歩道が自分たちに向かって「信号」を点滅させていることに気づく。 

その秘密は、白線と白線の間に設置された光るレンガだ。これは上海市の警察当局がこのほど導入した、歩行者に注意を促すシステムの路上発光装置の一つだ。レンガは特殊材料で作られており、LED光源で発光し、発光しない時は灰色だ。このレンガの他に、横断歩道の発光帯と自動車停車線の発光帯がある。 

歩行者の信号が赤になると、横断歩道のLED発光レンガも赤く光る。さらにこれとセットになる横断歩道の発光帯も赤く光り、通行禁止を示す。自動車の停車線の発光帯は緑色の光を放ち、通行可能であることを示す。これは従来の自動車用信号を補完する。 

「外灘は非常に人が密集する。特にこの交差点では、多くの歩行者が信号をまったく見ようとしない」。黄浦交通警察支隊第一大隊の黄俊巡査部長は、この「外灘随一の歩哨所」と呼ばれる交差点で5年近く勤務している。彼によると、新たに設置された路上発光システムは複雑そうに見えるが、外灘のような多くの人が殺到する場所では効果が高いという。 

路上発光装置のほか、この横断歩道注意喚起システムには歩行者を見張るポールが立っている。歩行者の動画のモニタリング、動的投影、一定方向への音声拡大といった多種類の機能があり、精密な管理の実現を目指している。同システムは試験段階だが、外灘や青浦国家会展センター周辺など10カ所の交差点に設置され、重点エリアの交通の混雑を大幅に緩和している。