無料相談受付中

華人科学者2人が「ブレイクスルー賞」を受賞

「ブレイクスルー賞」の受賞者リストが17日に米サンフランシスコで発表され、9人の科学者が入選した。そのなかで華人科学者の荘小威氏と陳志堅氏が生命科学の2つの賞を受賞した。また中国の1980年代生まれの数学者、許晨陽氏が若手学者に授与される「New Horizons in Mathematics Prize」を受賞した。新華社が伝えた。 

荘氏は15歳の年に蘇州中学から中国科学技術大学少年クラスに入学し、34歳でハーバード大学化学・化学生物学部、物理学部の教授になった。また米国のマッカーサー賞を受賞した初の華人女性科学者で、40歳の年に米国科学アカデミーの会員になった。今回の受賞理由は、細胞の隠された構造の発見に用いる超高分解能イメージング技術の開発だった。 

陳氏は1981年に福建師範大学に合格し、1986年にニューヨーク州立大学で博士課程に在籍し、1997年にテキサス大学南西医療センターに入り、2014年に米国科学アカデミーの会員になった。受賞理由は、DNA(デオキシリボ核酸)の核酸センサーであるcGASを発見し、細胞が外部からのDNAを見分け免疫反応を引き起こすメカニズムを明らかにしたことだ。