無料相談受付中

中国機がネパールの「世界で最も危険な空港」へ運航

ネパール航空は6日、2年間にわたり運航を停止していたカトマンズ-ルクラ路線を復活させた。この路線で初めて中国産ターボプロップ機「運12E」を採用し、2組の乗客をチョモランマ(エベレスト)南斜面のルクラにあるテンジン・ヒラリー空港へ輸送した。新華社が伝えた。 

同社スポークスマンのアショクさんは同日、「弊社はすでに民間航空局(CAAN)の運航許可を取得しており、本日は『運12E』2機をカトマンズ-ルクラ路線で運航する。1機は定期便、もう1機はチャーター便だ」述べた。 

アショクさんによると、「ルクラは一つ目の目的地に過ぎない。ネパール航空は中国機をより多くの辺境地帯へ飛ばす計画で、これにはジョムソン、ジュムラ、シミコット、タルチャなどが含まれる」という。 

ルクラのテンジン・ヒラリー空港は標高2800メートル、ネパール東部のソルクンブ郡にある、チョモランマの南側のベースキャンプに最も近い空港だ。「世界で最も危険な空港」ともいわれる。 

ネパール航空はネパールで唯一の国有航空会社であり、現在は小型機9機を国内路線で運航しており、このうち6機は中国機で、「運12E」が4機、「新舟60」が2機となっている。