無料相談受付中

人気ミルクティ店の中心利用層は若いホワイトカラー女性

モバイルビッグデータサービス企業・極光ビッグデータがこのほど発表した「2018年Q2ネットで人気のミルクティ店利用者研究報告」によると、2大人気ミルクティ店の喜茶と奈雪の茶では、利用者の3大特徴として年齢が若いこと、ホワイトカラーであること、女性であることが挙げられたという。「北京晨報」が伝えた。 

同報告によれば、北京と上海の利用者は喜茶の店には仕事のある日の昼頃によく行き、ゆったりと休むのに適した奈雪の茶の店は大部分の人が午後や夜に利用する。今年第2四半期には、広州と深センでは喜茶が最も人気があり、奈雪の茶は深センでも人気が高かった。 

北京では、喜茶のファンは明らかに奈雪の茶を上回った。極光のビッグデータ統計によれば、北京では外食する週末の昼に喜茶を利用する人の割合が奈雪の茶を5.42ポイント上回った。両店の利用者のうち、女性が58%を占め、中心は16〜25歳の年齢層で50%を超え、16〜35歳の年齢層では90%以上を占めた。 

同報告書は、「喜茶の利用者と奈雪の茶の利用者のうち、一線都市のホワイトカラーの占める割合がほぼ半数を超える。こうした人々には暮らしを非常に大切にするという特徴があり、収入に応じて支出を決める代表的な層だ。中古品・不要品の取引アプリケーションへの注目度が高く、ペット関連のコミュニティアプリの情報をよく閲覧し、ニッチなニーズに応える小規模ECスーパーのアプリをより好み、新しい事を喜んで受け入れる傾向がある」と指摘する。