無料相談受付中

環北京観光圏の新局面 雄安にも国家級観光レジャー区

河北省観光発展委員会が27日に明らかにしたところによると、同委はこのほど「河北省国家全域観光モデル省創建計画」を発表し、同省を環首都リゾート観光レジャー圏に育成する方針を発表した。注目されるのは、この計画では雄安新区が重要なポイントになっていることだ。「北京商報」が伝えた。

同計画は次のような方向性を明確にした。同省は2020年をめどに雄安新区湿地温泉観光レジャー区など5つの国家級観光レジャー区を建設するよう力を入れる。同時に、「144時間域内入境ノービザ政策」が同省にも適用されるよう積極的にはたらきかけ、特定エリアでの税還付政策と免税政策の実施を目指し、雄安新区、石家荘、張家口、秦皇島などに免税店を開設し、北京大興国際空港、石家荘正定国際空港、秦皇島フェリー港などの空港・港湾を利用して、国際的な観光・フリーショッピング区の建設を模索する。 

同計画によると、同省は2段階に分けて全域観光モデル省および世界的に有名な観光地の全面的建設を進める。まず20年をめどに5A級(最高ランク)観光景勝地が12カ所に、4A級が150カ所に達し、受け入れ観光客数がのべ8億人を突破し、観光客一人あたりの平均消費額が15年比20%増加することを目指す。また観光生産額の「倍増倍々増」プロジェクトを実施し、同省の国内総生産(GDP)に対する観光産業と関連産業の寄与度が10%以上になることを目指す。次にこうした基礎の上に、さらに25年をめどに同省の観光収入が2兆5千億元(約40兆7993億円)を突破し、観光・関連産業の同省GDPへの寄与度が15%前後に達することを目指す。