無料相談受付中

北斗3号システム、新メンバーが加入

中国は29日午前9時48分に西昌衛星発射センターで、「長征3号乙」ロケット(及び遠征1号上段)を使い、33・34基目となる北斗測位衛星を同時に打ち上げた。これは北斗3号グローバルネットワーク衛星の4回目の打ち上げとなった。2基はいずれも中円地球軌道衛星で、中国の北斗3号システムの9・10基目の衛星だ。計画によると、年末までに北斗3号衛星18基による基本システムを構築し、「一帯一路」(the Belt and Road)沿線諸国にサービスを提供する。