無料相談受付中

脳機能調節ヘッドセット、中国で開発中―中国メディア

中国人科学者は現在、あるヘッドセットを開発している。そのヘッドセットは脳波を観測・調節し、AIアルゴリズムと結びつけることで、フィードバックと調節が可能な脳機能補助増強技術を実現する。新華社が伝えた。 

中国科学院深セン先進技術研究院の蔚鵬飛(ウェイ・ポンフェイ)副研究員によると、この「超脳増強システム」と呼ばれる脳機能調節ヘッドセットは、近年見られるようになった無侵襲脳刺激・調節技術に基づく。柔軟性電極センサーを使い、脳波が脳内で各種任務を遂行する際の変化を見極め、さらに電極の組み合わせにより微弱の電流パルスで刺激する。その刺激が脳の特定エリアに到達することで、脳波の活動を変化させ、脳の神経細胞の活動状態を調節する。 

蔚氏によると、同技術は将来的に、特殊人員の技能訓練、学習・記憶力の急成長、強ストレス環境における焦燥感・緊張感への干渉及び緩和などに用いられる。医療分野では、児童の多動症、うつ、痴呆症、失語症、パーキンソン病などの機能異常、肢体不自由、認知症への干渉が期待できる。