無料相談受付中

国際輸入博覧会 特別列車第1号車が上海地下鉄に登場

第1回中国国際輸入博覧会の開幕まであと100日に迫った25日午前、上海地下鉄2号線に「輸入博覧会特別列車」第1号が登場し、運行をスタートした。この一大イベントの「情報ステッカー」と社会各会からのメッセージを満載した特別列車は、博覧会が閉幕する11月10日過ぎまで運行される。 

特別列車は計4編成あり、このうち2編成は上海の2つの国際空港と高速鉄道の虹橋駅を結び、博覧会会場の国家エキシビションセンターの最寄り駅もある地下鉄2号線を走る。他の2編成は虹橋国際空港と高速鉄道虹橋駅を結ぶ地下鉄10号線を走る。 

計画によると、今年7月末までに10号線でも1編成が運行を開始し、9月中旬までに2号線と10号線でそれぞれ残りの1編成が運行を開始する。4編成体制で博覧会終了後の11月15日まで運行するという。 

特別列車は外観にも内部にも博覧会がテーマの装飾が施され、マーク、イラスト、メッセージなどを通じて、博覧会開催の意義や注目点などを全面的に紹介している。 

博覧会は11月5日から10日まで開催され、上海の人々にとって重要なイベントであるだけでなく、中国にとって、さらには世界にとっての一大盛典になる。中国が自ら世界に市場を開放し、経済のグローバル化と貿易の自由化を支持する上での重大な措置でもある。少なく見積もっても、中国は今後5年間で10兆ドル(約1107兆8千億円)分の商品・サービスを輸入し、世界各国の製品が中国市場に進出するための歴史的なチャンスを提供することになる。中国国際輸入博覧局がまとめた最新のデータによると、博覧会にはこれまでに約130カ国・地域の企業から出展申込みがあったという。