無料相談受付中

ハイテク便器、排泄物を灰に

ボタンを押すと、上下水道を引く必要のない「ハイテク便器」が瞬時にして排泄物を灰にする。史家胡同博物館で先ごろ、北京市都市計画設計研究院のスタッフが、旧市街のトイレ問題を解消する各種新技術を近隣住民に向けて説明した。北京晩報が伝えた。 

同研究院市政計画所の所長の説明によると、北京の旧市街・胡同の住民生活におけるトイレ問題を解消するため、多くの歴史地区が国内外の先進的な技術を参考にし、小型浄化槽、生態便器、電動便器、燃焼便器などの新型設備を試験的に導入している。 

胡同で暮らす女性の邵さんは、現場の専門家やメーカーの担当者と積極的に交流した。「幼い頃から胡同で暮らしている。計画院が近年、胡同のアップグレードと文化革新を推進するための実務的な取り組みを行った。今回のトイレ革命に関する議論は、胡同や院落(塀で囲まれた中庭)の改良にとって重要な意義を持つ。水を使わない便器が一般世帯に導入されれば、用を足しにくいという問題を解消し、さらに水資源を節約できる。今回の活動が都市管理部門から重視され、胡同のトイレ問題が改善されることを願う」