無料相談受付中

天津の金融監督管理、アントフィナンシャルと事業提携

天津市金融工作局はこのほど、アントフィナンシャルと事業提携した。天津の金融監督管理はアントリスクブレーンを導入し、地方の金融監督管理及び科学技術革新、金融リスクの体系的予防を促す。天津日報が伝えた。 

インターネット金融の急発展に伴い、その問題とリスクが露呈している。市金融局の責任者は、「金融科学技術と監督管理科学技術は矛と盾のようなもので、どちらかが勝ったり負けたりしてはならない。しかし、現状を見る限り、後者は前者よりやや遅れている。アントフィナンシャルの技術手段を借り、金融リスクを早期識別し、事前に投資家に注意を促したい。また、金融監督管理部門の処置の時間を増やすこともできる」と話した。 

アントフィナンシャルはクラウドコンピューティング、ビッグデータ、AI、ブロックチェーンなどの科学技術能力、長年に渡るリスク模型アルゴリズム技術と違法金融活動取締経験により、アントリスクブレーン科学技術監督管理プラットフォームを形成した。また、違法資金調達、連鎖販売取引などのリスク識別の精度が大幅に上がった。双方の協力後、アントフィナンシャルは天津市金融局と協力し、各種地方金融リスクの新形態・特徴・モデルを共同研究する。また、天津市金融局との協力を通して、リスクブレーン科学技術監督管理プラットフォームを構築し、リアルタイムのリスク識別・早期警戒及び証拠のトレースを行う。真の早期発見、早期警戒、早期処置を実現する。