無料相談受付中

上半期の対米貨物輸出増加率が約14pダウン

税関総署が2日に発表した情報によると、今年上半期には中国から米国への貨物貿易輸出が前年同期比5.4%増加し、増加率は同13.9ポイント低下したという。新華社が伝えた。 

税関がまとめた速報値の統計によれば、上半期に米国に輸出された電気機械製品は同8%増加し、同期の対米輸出総額のうち62.6%を占めた。そのうち自動データ処理装置・関連部品は同3.6%増加、携帯電話は同5.5%増加した。7大労働集約型製品の輸出の合計は前年同期の水準をほぼ維持した。そのうち衣類・装身具は同1.8%減少、家具・関連部品は同2.5%増加した。 

6月の対米輸出は同3.8%増加し、増加率は前年同期比23.8ポイント低下した。具体的な品目をみると、電気機械製品は同4%増加し、うち自動データ処理装置・関連部品は同6.6%減少、携帯電話は同7.1%減少した。労働集約型製品の輸出は同3.5%増加し、農産品は同0.9%減少した。