無料相談受付中

中国が開発したB型肝炎治療の新薬が世界で販売

傑華生物集団オリジナルのバイオ新薬「楽復能」の世界販売が、北京市で発表された。同薬はB型肝炎を治療する革新的なバイオ医薬品で、NCE(New Chemical Entity)類に属する。 

同社の劉竜斌CEO兼総裁によると、18年間にわたる実験室内での研究開発と試験、臨床前・臨床研究、国家市場監督管理総局の審査と認可を経て、同薬の販売がついに認められた。また米国やEU、中国、日本などの数十カ国で発明特許を取得し、世界的にも知的財産の保護を受ける。 

発表会において、中国肝炎防止・治療基金会の楊希忠常務副理事長兼秘書長は、「中国政府はこの20年間にわたりB型肝炎ワクチンよる計画的な予防を強化・拡大し続けており、B型肝炎患者の数が急減した。しかし患者総数は制御されものの、依然としてその患者数は非常に多い。楽復能の販売はB型肝炎患者に新たな治療の選択肢をもたらした。これは中国のタンパク質バイオ新薬の革新に、新たな進展があったことを示してもいる」と表明した。 

北京大学第一病院感染疾患科・肝臓病センターの王貴強主任は、「楽復能の販売は、臨床医師の免疫治療に理想的な『武器』をもたらしたといえる。私は臨床実践により、多くの患者が利益を手にすることに非常に期待している。B型肝炎の治療は孤独な戦いではなく、集団による共同作戦により打ち勝つ必要がある。業界の専門家はB型肝炎の臨床治療を模索し、ヌクレオチトと免疫調節薬の調合や交代治療などさまざまな組み合わせを通じ、多くの患者の臨床治療を実現し、表面抗原の消失という最終目標を達成するべきだ」と提案した。