無料相談受付中

中国が電子窓口搭載カードの開発に成功

全国初の電子窓口を搭載したクレジットカードが、このほど北京で発表された。有効化コードを動的にし、人々を長らく苦しめてきた資金決済の安全問題を効果的に解消している。科技日報が伝えた。 

この「天眼」が搭載されているクレジットカードは、飛天誠信科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)が開発した。すでに光大銀行から発行される段階に入っている。 

「天眼」を搭載するクレジットカードは、どの点が異なるのだろうか。同社の閻岩副総経理によると、従来のクレジットカードの有効化コードはカードの裏側にあり、3つの固定的な数字だった。これは暗号が晒されているようなものであり、犯罪者にカードの複製や窃盗の隙を与えていた。「天眼」を持つクレジットカードは、「パワーカード」とも呼ばれる。有効化コードが動的に変化し、利用者の決済の安全性を大幅に高めている。 

パワーカードは一般的なクレジットカードと異なり、脈動する「チップ」を持つ。これは複雑な回路と電池を0.8ミリのカードに集積している。カードには電子ディスプレイと凸型のスイッチが備わり、これを軽く押すだけで認証システムを立ち上げることができる。決済コードがランダムで変化し、「天眼」のように利用者の情報安全を守る。 

記者の調べによると、パワーカードは同社が自主開発した製品の一つで、開発に3年の月日を費やした。2017年に仏ガーナ国際スマートカード展で展示されると、国内外から広く注目を集め、世界の多くの利用者から信頼と称賛を得た。