無料相談受付中

日本の新幹線で台車に亀裂「重大インシデント」

日本のJR西日本が運営する新幹線で11日、故障による運転取りやめがあった。調査担当者が車両の鋼鉄製の台車に亀裂や油漏れがあることを発見したためという。運輸安全委員会が13日に明らかにしたところによると、同委が2001年に発足してから、新幹線の運行に影響する「重大インシデント」が発生したのは今回が初めてだ。 

日本の共同通信社によると、問題のあった「のぞみ34号」は博多駅を出発して東京駅に向かう予定だった。11月午後1時30分に出発し、1時50分頃に小倉駅を発車するとき、乗務員らが焦げたような臭いがすることに気づいた。車両の修理保全担当者が岡山駅で乗車して状況を確認したところ、異常な音が聞こえたが、列車の正常な運行に影響はないとした。のぞみ34号は再び出発したが、京都駅を出発したあたりで再び異臭がした。調査担当者が車両下方に油漏れがあり、また4両目の鋼鉄製台車に亀裂があることが確認された。 

JR西日本はのぞみ34号の運転を取りやめ。約1千人の乗客は後続の新幹線に乗り換えた。 

国土交通省傘下の同委によれば、鋼鉄製台車に亀裂があると、列車が脱線する可能性があるという。 

JR西日本によれば、今月10日に今回問題が確認された車両について目視による検査を行っており、先月30日はエンジンの検査も行い、いずれも異常は確認されなかったという。