無料相談受付中

2017年FGFが開催へ 開放性とイノベーション、グローバル経済の形成

2017年フォーチュン・グローバル・フォーラム(Fortune Global Forum、FGF)が12月6日から8日まで中国・広州で開催される。 

 

今回のフォーラムは中国経済ひいては世界経済が変動する重要な時期において、多国籍企業がどのような重大課題に直面するかに着目している。デジタル時代に突入した今、新たな革新は未曽有のスピードで進んでいる。人工知能・生物科学・ドローン・ロボット・モノのインターネット・自動運転・ナノ技術・3Dプリントアウトなどの分野で起こる天地を覆すような変革は各業界を大きく変え、これによって、世界中の人々の生活は改善され、各業界はよりスマートになる。一方、その利用の仕方によって、通常の秩序が崩され、セキュリティーが脅かされる可能性もある。また、世界各地で自由貿易と移民の受け入れに反対する風潮が高まっており、これまで当たり前のように進められてきたグローバル化に反発の声も上がっている。 

こうした様々な要素からなる複雑な経済情勢は、各国の企業のリーダーに複雑な課題をもたらしている。これを背景に、中国ひいては世界が直面している状況をめぐって議論し、新たな革新・変革の中でリスクを引き下げ、より多くの発展チャンスを探ろうとする指導者らに新たな方向をもたらすことが今回のフォーラムの主旨となる。 

製造業から、医療や交通、金融までの各分野で、科学技術の時代におけるグローバルな競争優位性と、企業のリーダーシップが包容力に富んだエコノミーの建設に果たす重要な役割を探り出す。開放と革新は中国と世界各国でいかに経済成長を促進し、社会の繁栄と進歩を実現させる主な動力となるかはフォーラムの注目点であり、各分科会を貫くテーマでもある。 

米国最大の英文ビジネス誌「フォーチュン」が主催するフォーチュン・グローバル・フォーラムは、1995年に創立されたもので、これまでに16カ月〜18カ月ごとに世界各都市で開催されている。多国籍企業のリーダーや有名な政治家、経済学者が一堂に集まり、世界経済の課題をめくって議論を交わす場を提供する当フォーラムは「世界経済すう勢を見通す最も透明で直接的な窓口」と称されてきた。2016年9月、「フォーチュン」は2017年フォーチュン・グローバル・フォーラムの開催都市を広州とすることを発表した。これにより広州は、上海・香港・北京・成都に次ぐ中国の5番目の開催都市となった。