無料相談受付中

中国初の幹細胞汎用標準が発表

中国初の幹細胞汎用標準「幹細胞汎用要求」が22日、北京市で正式に出版・発行された。同標準は中国細胞生物学学会幹細胞生物学分会の指導のもと、北京幹細胞バンクや中国標準化研究院、中国計量科学研究院などの機関が国内外の関連規定を参考にし、幹細胞分野の複数の専門家の意見を募り、共同作成し、広く意見を募り、最終的な修訂・発表された標準となる。幹細胞は自主更新できる、多方向分化の潜在力を秘めた細胞で、各種疾患の治療に用いることができる。中国はすでに一連の文書を発表し、幹細胞基礎研究及び転化分野の発展を規範化している。しかし幹細胞のソースが多様で、生成技術が複雑で、品質制御と監督管理が困難であることから、幹細胞の臨床応用及び産業化で大きな課題に直面していた。中国科学院院士で中国細胞生物学学会幹細胞生物学分会会長の周氏によると、同要求は幹細胞業界の発展を規範化し、被験者の権益を保障し、幹細胞転化の研究の促進などに対して重要な力を発揮するとしている。人民日報が伝えた。