無料相談受付中

中国の科学技術金融サービスセンターが250カ所以上に

科学技術と金融の深い融合を促すため、中国は各種科学技術金融サービスセンターを250カ所以上設立している。現在までに8割以上の省で、科学技術金融サービスセンターもしくは類似する機関が設立されている。新華社が伝えた。 

 

22日に開かれた第10回中国武漢金融博覧会において、中国科学技術部(省)資源配置・管理司巡視員の郭日生氏は、「科学技術金融サービスセンターは科学技術資源と金融資源の統合・連結の効率を高め、科学技術型中小企業の投融資の需要を満たすことを目的に、一体化・全面的・個性的サービスを提供していく」と説明した。 

統計データによると、各地の科学技術金融サービスセンターは各種金融・投資機関を4000以上集めており、2万4000社以上の企業にサービスを提供している。プラットフォーム化サービスを通じ、企業に2700億元(1元は約17円)以上の銀行信用貸付を提供している。 

武漢市や天津市、成都市などは科学技術型中小・零細企業データバンクを構築し、北京市や上海市、江蘇省、浙江省、陝西省は科学技術型企業信用体制の建設や科学技術金融専門家サービス、科学技術金融サービスホットラインなどを展開している。