無料相談受付中

IMFフォーラム 中国デジタル経済に焦点

国際通貨基金(IMF)が開催した第5回統計フォーラムが、現地時間の16日と17日に米国ワシントンで開催された。今回のテーマは「デジタル経済を考える」で、国際連合、IMF、世界銀行などの国際機関、各国の政府関連部門、有名大学などから300人を超える専門家が参加した。人民日報海外版が伝えた。 

 

フォーラムでは、「中国のデジタル化へのモデル転換」が会場全体の注目を集める議題になった。フォーラムに参加し基調講演を行った騰訊(テンセント)の劉勝義シニア執行副社長は、「中国は世界のデジタル化モデル転換における独特のケースだ。中国はECやモバイル決済など多くの面で、すでに世界トップクラスの位置にある。中国は世界最大のモバイルインターネット市場であり、人口の50%以上がモバイルネットワークに接続しており、デジタル分野で中国が『トレンドの追随者』から『トレンドの牽引者』へと変わるのを後押ししている」と述べた。