無料相談受付中

「中国の黒海」、面積がこの52年間で最大に

青海省気象科学研究所が発表した情報によると、ツァイダム盆地で最大の湖である哈拉湖の面積が大幅に拡大し、この52年間で最大になっていることが最新の衛星リモートセンシング観測で明らかになった。新華社が伝えた。 

 

哈拉湖は黒海とも呼ばれる。ツァイダム盆地の北東の縁、祁連山脈の奥深くに位置する、青海省で面積が3番目の湖、ツァイダム盆地で最大の湖だ。雪山や氷河、茫々たる荒野に守られ、哈拉湖は長期的に人跡未踏の地だった。かつては中国北方で最も保存状態の良好な、最も原始的な湿地生態系の一つだった。 

気象専門家によると、正常な氷河溶解による水の補給のほか、5月に雨季に入り周辺の降水量が増えたことが、面積の大幅拡大の主因となっている。気象分析結果によると、今年6-9月の哈拉湖周辺の月間降水量は、例年の平均を20-190%上回っていた。 

青海省気象科学研究所高級エンジニアの劉宝康氏は「湖の面積拡大は、周辺の大気の湿度を高め、野生動植物及び鳥類の生息環境を改善する」と話した。