無料相談受付中

ドバイ航空ショーが開幕、中国の八一飛行表演隊も登場

第15回ドバイ国際航空ショーが12日に開幕した。今年は世界の1200社以上が出展し、来場者数は7万人以上に達するとみられる。今年は初めて中国空軍の八一飛行表演隊がアクロバット飛行のため招待された。新華社が伝えた。 

今年は12-16日にかけてアール・マクトゥーム国際空港で開かれる。八一飛行表演隊は世界的に有名なアクロバット飛行隊と青空で共演する。八一飛行表演隊は9日、主催者側の計画に基づき初のテスト飛行を行い、見事成功した。 

中国航空工業集団が中国航空企業を代表し、模型を携えて4度目の出展となった。同社の張新国副総経理は、「今回の最大の見所は、無人機全体ソリューションプランの全面的な展示だ。また輸送機、ヘリ、戦闘機なども展示する」と話した。 

主催者側によると、今回、地上で展示される航空機は160機以上に達し、宇宙フォーラム、無人機サミットなどが開催される。