9月の住宅着工、2.9%減=3カ月連続マイナス―国交省

 国土交通省が31日発表した9月の新設住宅着工戸数は8万3128戸と、前年同月に比べて2.9%減少した。前年割れは3カ月連続。相続税対策で近年増えていた賃貸アパートなど貸家の着工数に急ブレーキがかかっている。

 貸家は郊外での需要が一服し、4カ月連続のマイナス。金融機関によるアパートローンの新規融資額も既に減少に転じており、国交省は「今後の動向を注視する必要がある」(建設経済統計調査室)と警戒している。持ち家は2.7%減、分譲住宅は5.3%減だった。 

電話番号:0120-033-962
お問い合わせ

※ご相談は無料です。  

 
アクセス
 
お問い合わせ
 
電話する