高原食品コールドチェーンセンターがラサ市で建設開始

西蔵(チベット)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区高原食品コールドチェーンセンターの定礎式が、30日に行われた。新華網が伝えた。 

同プロジェクトは現代的コールドチェーンセンターの標準に基づき建設が計画された。主に2棟の高基準冷凍庫と1カ所の高原食品加工エリアからなり、敷地面積は約5.6ヘクタール。プロジェクトは2019年10月に竣工を予定しており、チベットの農作物・畜産品のコールドチェーン流通率と冷凍輸送率の向上を促す。ラサ市重点産業貧困支援プロジェクトである同センターは、500人弱の雇用枠を創出し、周辺の貧困層の雇用問題を解決する。

電話番号:0120-033-962
お問い合わせ

※ご相談は無料です。  

 
アクセス
 
お問い合わせ
 
電話する